東京都内にある公営斎場

東京都内公営斎場(葬儀式場・セレモニーホール)。

 

東京都内にある公営斎場のご案内をさせていただきます。

 

公営の斎場は、すべての場所が宗教不問ですので、もちろんキリスト教式の葬儀を行うことが可能です。

 

民営の斎場と比較して式場料金が安いことがほとんどで、都心エリアの場合は建物が立派であることが多いです。

 

*文京区、渋谷区、中野区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区には、公営の斎場がありませんので、地域の民営斎場か、区外の公営斎場を区民外料金で借りて葬儀を行います。

 

千代田区・万世会館

 

万世会館は、千代田区外神田1-1-7にあります。

 

最寄り駅は、JR・秋葉原駅、都営新宿線・小川町駅、東京メトロ・淡路町駅の3駅。

 

定員40名の式場と定員30名の式場が1つずつあり、休憩室は一晩中借りることもできるので、夜間の付き添いも可能となっています。

 

式場と休憩室の葬儀利用料金を合わせて、一日葬で3〜5万円、二日葬で8〜11万円が利用料金の目安となります。

 

火葬場は併設されていませんので、葬儀後の火葬は、荒川区の町屋斎場か品川区の桐ヶ谷斎場で行われることが多いです。

 

中央区立セレモニーホール

 

中央区立セレモニーホールは、中央区勝どき1-13-19にあり、別名「勝どきホール」とも呼ばれています。

 

最寄り駅は、都営大江戸線・勝どき駅、有楽町線・島駅の2駅。

 

定員80名の式場1つのみで、1日1件の貸し切りタイプとなっておりますので、落ち着いた雰囲気で葬儀を行うことができます

 

また、安置施設では一晩中の付き添いも可能となっています。

 

利用時間は、午後4時30分から翌日午後4時までですので、一日葬でも二日葬の場合でも、利用料金は5万7300円です。

 

火葬場は併設されていませんので、葬儀後の火葬は、品川区の桐ヶ谷斎場や江戸川区の瑞江葬儀所で行われることが多いです。

 

中央区・浜町メモリアル

 

浜町メモリアルは、中央区浜町2-58-49にあります。

 

最寄り駅は、新宿線・浜町駅、日比谷線・人形町駅、半蔵門線・水天宮前駅、浅草線・人形町駅の4駅。

 

ホールに安置するので一晩中の付き添いが可能で、親族控え室では宿泊もできます。

 

2階の第1ホールは定員60名、3階の第2ホールは定員80名で、定員36名の会食室も設けられています。

 

この式場では、楽器の使用は控えるようにと告知されていますので、賛美歌の伴奏はCDの再生となります。(賛美歌をうたうことは可能)

 

葬儀利用する場合には、原則として午後4時30分〜翌日午後4時まで借りる必要がありますので、一日葬でも二日葬の場合でも、2階は5万1200円、3階は5万3100円の利用料金となります。

 

火葬場は併設されていませんので、葬儀後の火葬は、品川区の桐ヶ谷斎場や江戸川区の瑞江葬儀所で行われることが多いです。

 

港区・青山葬儀所 (青山斎場)

 

青山葬儀所は、港区南青山2-33-20にあり、「青山斎場」とも呼ばれています。

 

最寄り駅は、東京メトロ千代田線・乃木坂駅、銀座線・青山1丁目駅の2駅。

 

約3000坪もの広大な敷地があり、政治家や医師、芸能人などの大型葬、大手企業の社葬などに利用されることが多いです。

 

また、広い空間を使用して少人数での偲ぶ時を持つ、富裕層の家族葬の場としても利用されています。

 

式場料金は、社葬や大型葬の場合は、一日葬で138万円、二日葬で207万円です。

 

家族葬の場合は、一日葬で54万円、二日葬で108万円の利用料金となります。

 

火葬場は併設されていませんので、葬儀後の火葬は、品川区の桐ヶ谷斎場や渋谷区の代々幡斎場で行われることが多いです。

 

港区・やすらぎ会館

 

やすらぎ会館 は、港区南青山2-34-1にあります。

 

最寄り駅は、東京メトロ千代田線・乃木坂駅、銀座線・青山1丁目駅の2駅。

 

定員60名の式場が2つあり、一日葬にも対応した時間設定となっておりますので、前夜式なしで告別式のみ行う経済的なお式とすることも可能です。

 

施設利用料金が2017年4月1日に変更され、二日葬は8万5300円、一日葬は4万3100円となっております。

 

火葬場は併設されていませんので、葬儀後の火葬は、品川区の桐ヶ谷斎場や渋谷区の代々幡斎場、あるいは大田区の臨海斎場で行われることが多いです。

 

大田区・臨海斎場

 

臨海斎場は、大田区東海1-3-1にあります。

 

最寄り駅は、東京モノレール・流通センター駅、JR京浜東北線・大森駅の2駅。(ただし、大森駅からはバスかタクシー移動)

 

臨海斎場は、東京23区内で唯一、火葬場が併設されている大型公営斎場です。定員70名の式場が4つ、火葬炉が10基もあり、火葬中の控え室や待合室、それに駐車場も充実しています。

 

式場を利用する場合、使用時間は午後2時〜翌日午後1時までですので、一日葬でも二日葬の場合でも、式場と控え室を合わせて利用料金は10万円です。

 

火葬式のみを行う場合は、火葬料金が3万4500円、待合室(定員54名)が2万円ですので、合計5万4500円の施設料金となります。

 

大田区・平和の森会館

 

平和の森会館は、大田区平和の森公園2-3 にあります。

 

最寄り駅は、JR京浜東北線・大森駅。(ただし、バスで移動してから徒歩10分)

 

定員100名の1階集会室と、定員30名の2階集会室が1つずつあります。

 

1階は6万1200円、2階は3万600円という利用料金が基本となっております。

 

火葬場は併設されていませんので、葬儀後の火葬は、大田区の臨海斎場で行われることが多いです。

 

品川区・なぎさ会館

 

なぎさ会館は、品川区勝島3-1-3にあります。

 

最寄り駅は、京浜急行線・立会川駅、東京モノレール・大井競馬場前駅の2駅。

 

定員60名の式場が2つあり、利用時間は午後4時〜翌日午後3時までですから、一日葬でも二日葬でも利用料金は6万5000円となります。

 

火葬場は併設されていませんので、葬儀後の火葬は、大田区の臨海斎場で行われることが多いです。

 

世田谷区・みどり会館

 

みどり会館は、世田谷区北烏山5-1-5にあります。

 

最寄り駅は、京王線・千歳烏山駅、井の頭線・久我山駅。(ただし、駅からの距離はそれぞれ徒歩15分、徒歩25分と距離があります。)

 

定員45名の式場が2つあり、一日葬でも二日葬でも利用料金は6万6000円となります。

 

火葬場は併設されていませんので、葬儀後の火葬は、大田区の臨海斎場で行われることが多いです。

 

目黒区・セレモニー目黒

 

セレモニー目黒は、目黒区八雲1-1-9にあります。

 

最寄り駅は、東急東横線・都立大学駅。

 

目黒区民キャンパス内にある区民斎場で、式場がある建物の前に公園があるなど、落ち着いた雰囲気の中でセレモニーを行うことができます。

 

定員42名の式場が2つあり、二日葬の場合には7万2200円、一日葬の場合には2万9400円の利用料金となります。

 

火葬場は併設されていませんので、葬儀後の火葬は、品川区の桐ヶ谷斎場や渋谷区の代々幡斎場、あるいは大田区の臨海斎場で行われることが多いです。

 

新宿区・若松地域センター

若松地域センターは、新宿区若松町12-6にあります。

 

最寄り駅は、都営大江戸線・若松河田駅の1駅。

 

式場は、定員40名のB1ホールのみです。

 

地域のコミュニティーセンターですので、1階から4階までは文化活動の場として利用されています。

 

葬儀使用料金は、B1ホールとB1集会室を合わせて、一日葬で7千円、二日葬で2万6100円となります。

 

火葬場は併設されていませんので、葬儀後の火葬は、新宿区の落合斎場か渋谷区の代々幡斎場で行われることが多いです。

 

新宿区・牛込箪笥地域センター

牛込箪笥地域センターは、 新宿区箪笥町15にあります。

 

最寄り駅は、東京メトロ東西線・神楽坂駅、都営大江戸線・牛込神楽坂駅の2駅。

 

式場は、定員40名のホールが2つあり、合わせて80名のホールとすることも可能です。

 

地域のコミュニティーセンターですので、1階から5階までは文化活動の場や事務所として利用されています。

 

葬儀使用料金は、ホールと控え室を合わせて、一日葬で1万1400円、二日葬で4万2700円となります。

 

火葬場は併設されていませんので、葬儀後の火葬は、新宿区の落合斎場か渋谷区の代々幡斎場で行われることが多いです。

 

新宿区・榎町地域センター

榎町地域センターは、新宿区早稲田町85にあります。

 

最寄り駅は、東京メトロ東西線・早稲田駅、有楽町線・江戸川橋駅、都営大江戸線・牛込柳町駅の3駅。

 

式場は、定員54名の地下ホールのみ。

 

1階から4階までは文化センターとして利用されています。

 

葬儀使用料金は、ホールと控え室を合わせて、一日葬で6千200円、二日葬で2万3100円となります。

 

火葬場は併設されていませんので、葬儀後の火葬は、新宿区の落合斎場か渋谷区の代々幡斎場で行われることが多いです。

 

新宿区・落合第一地域センター

落合第一地域センターは、新宿区下落合4-6-7にあります。

 

最寄り駅は、西武新宿線・下落合駅の1駅。

 

式場は、定員36名のホールAと定員24名のホールBがあり、仕切りを取り払うことによって定員72名のホールとすることも可能です。

 

1階から4階までは文化センターとして利用されています。

 

葬儀使用料金は、ホールと控え室を合わせて、一日葬で5400円、二日葬で2万800円となります。

 

火葬場は併設されていませんので、葬儀後の火葬は、新宿区の落合斎場で行われることが多いです。

 

杉並区・下高永福会議室

下高永福会議室は、 杉並区下高井戸3-23-9にあります。

 

最寄り駅は、京王井の頭線・西永福駅、京王線・桜上水駅の2駅。

 

杉並区の地域センターで、定員40名の多目的室となっています。

 

使用料金は、二日葬は3万円、一日葬は1万5000円です。

 

火葬場は併設されていませんので、葬儀後の火葬は、杉並区の堀ノ内斎場や渋谷区の代々幡斎場で行われることが多いです。

 

練馬区・大泉橋戸会館

大泉橋戸会館は、練馬区大泉町6-24-26にあります。

 

最寄り駅は、西武池袋線・大泉学園駅の1駅。

 

大泉橋戸会館は真言宗・教学院が管理していますが、練馬区の指定斎場であるため宗教は不問で、キリスト教式での葬儀も可能です。

 

平成27年12月にリニューアルされ、定員40名の第一斎場は14万400円、定員20名の第二斎場は10万8000円で、練馬区民が利用した場合は区から後日3万円の助成もあります。

 

火葬場は併設されていませんので、葬儀後の火葬は、新宿区の落合斎場で行われることが多いです。

 

豊島区・南池袋斎場

南池袋斎場は、豊島区南池袋4-25-2にあります。

 

最寄り駅は、都電・雑司が谷駅、有楽町線・東池袋駅の2駅。(JR・池袋駅からは徒歩20分)

 

定員60名の式場が2つあり、一日葬でも二日葬の場合でも、利用料金は5万7600円となっております。

 

火葬場は併設されていませんので、葬儀後の火葬は、新宿区の落合斎場で行われることが多いです。

 

板橋区・舟渡斎場

 

舟渡斎場は、板橋区舟渡4-14-7にあります。

 

最寄り駅は、都営三田線・蓮根駅で、徒歩20分の距離にありますが、利用時には無料送迎車が1台運行されます。

 

定員60名の式場が2つあり、一日葬でも二日葬の場合でも、利用料金は6万1700円。

 

夜間の付き添い安置も可能で、寝具はありませんが家族控え室に泊まることはできます。

 

火葬は、すぐ隣にある戸田葬祭場で行われることがほとんどです。

 

北区セレモニーホール

 

北区セレモニーホールは、北区浮間1-13-6にあります。

 

最寄り駅は、JR埼京線・北赤羽駅の1駅。

 

定員60名の式場が2つあり、家族控え室には入浴設備もあって、夜間の付き添い安置が可能となっています。

 

利用料金は、一日葬でも二日葬の場合でも、7万4000円です。

 

火葬場は併設されていませんので、葬儀後の火葬は、板橋区の戸田葬祭場で行われることが多いです。

 

江戸川区・椿中央公民館

椿中央会館は、江戸川区春江町3-26-2にあります。

 

最寄り駅は、都営地下鉄新宿線・瑞江駅の1駅。

 

定員30名程度の式場が1つあり、使用料金は6万円です。

 

都営の火葬場である瑞江葬儀所が隣接していますので、ここで火葬を行うことがほとんどです。

 

 

東京キリスト教葬儀ガイド

キリスト教葬儀